鍼(針、はり)

 

鍼灸の効果(自然治癒力を高める)

鍼灸治療は身体機能の調和を図って、本来、体に備わっている自然治癒力を上手に高めることが出来きます。

鍼灸をすることで、筋肉や神経の緊張がほぐれ、心身ともにリラックスできます。そして収縮していた血管が拡張して血液循環が良くなります。
その結果、ホルモンバランスが良くなったり、自律神経がうまく調整されて内臓の働きが活発になります。
また、脳内ホルモン(エンドロフィン)が分泌されやすくなり、その作用により痛みが軽減される効果があります。
その他、皮膚への血流も良くなりますので美容にも効果があります。

具体的には、次のような作用があります。

誘導作用:
血液をこりのある場所に送り届けて筋肉の緊張を緩めたり、皮膚などを柔らかくする作用があります。


消炎作用:
筋肉などの炎症を鎮める作用があります。


反射作用:
ツボへの刺激により、皮膚から筋肉に刺激が伝わる(反射)と同時に自律神経系にも刺激が伝わり(反射)その働きを調整し、全身のバランスを整える作用があります。体が弱っている場合は奮い立たせ、体が興奮している場合は鎮静に向かわせます。


転調作用:
自律神経系やホルモン系などに作用して体調を整える作用があります。


免疫作用:
鍼・灸刺激により白血球やリンパ球の増加がみられます。その結果、細菌やウイルスに対する抵抗力を高める作用があります。


 

 
 
inserted by FC2 system